スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンナの術後

2010.07.23.Fri.20:01
今朝、9時に手術に向かうダンナ。

余裕を持って家を出たんだけど

行ってみたら・・・いなかった・・・。ポツーン。

看護士さん曰く、「いや~、今、行ったところです」

まぁ、痔の手術だし。

まさか、失敗して死んじゃうなんてコト、ありえないし。

談話室でタンポポ編みながら待ちました。

予定通り、1時間で終わりリカバリールームへ。

麻酔から覚めて、「痛くない?大丈夫?」と

一応、妻らしく声かけ。

気弱になってるダンナ、手を差し出して。

「気の毒な~」(←富山弁で感謝の意)

看護士さんがいたら、両手でしっかり握ってたかも。。

実際は、指1本差し伸べました

病院って、なんか妙に疲れますの。

談話室に畳敷きのところがあるんだけど。

寝転びたくて・・・昼寝したくて・・・。

明日は、枕でも持って行こうかしら。

いやいや、さすがにそれは。

なんだかんだ言っても、明日も行きますよ。

売店のパンが手作りでね、美味しいの。(コラ)

スポンサーサイト
コメント
バンビさま
ね~痛そうね。(他人事)
全身麻酔、やったコトないわ。
って言うか、病気らしい病気、したコトないかも。
ご主人、術後の初ウ○コは痛そうね。
私も全身麻酔はこないだ経験済み。
あっちゅう間に意識不明よ。

お大事に。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。