スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯人が 母親。

2008.09.22.Mon.22:03
さて、今回は、 編物ネタでも、グルメでも、たのすぃ~お話でも ありませぬ。

どうぞ、皆様 スル~して 下さいませ。

福岡で起きた 小1男児殺害事件 について・・・。

犯人が 母親 であったという事実が 明らかになりました。

この件で、どうしても 黙っていられないというか、 他人事ではないような気がして。

殺害された男児は、発達障害があり、特別支援学級に 在籍していたそうです。

母親は、病弱で 将来を悲観しての 犯行とのコト。

まるで、私と 同じ境遇の 母親。

私も どこかで 何か 違っていたら・・・と思うと ぞっとします。

確かに、障害のある子を 育てるのは、おそらく大変なのだと思います。

私自身、息子だけなので、健常児の子育てをしたことが 無いので。

小学校に上がったら、もう 随分 楽になるのでは??と思われるかもしれません。

でも、年齢が上がれば 上がるほど、他の子たちとの 差が開いていくのです。

小さいときは、それほど 目立たなくて、一緒に遊んでくれていた お友達とも

レベルが違いすぎ、子供も 母親も どんどん 孤独になっていきます。

私は、今回の母親を 擁護するつもりは、全くありません。

でも、彼女に、相談する 相手が いたら・・・。

私は、今 週1回の 割合で カウンセリングを 受けています。

カウンセラーは、約1時間 たった一人 私だけの話を 聞いてくれます。

私の話に、否定も肯定もせず、ただ 「うん、うん」と 真剣に聞いてくれます。

それだけのコトで、私自身 どんなに 救われたか・・・。

私は、一人じゃない。 こうして 話を聞いてくれる人がいる。

最初は、それが カウンセラーだから。 でも、自分の考え方次第で 

この人は、聞いてくれないだろうと 思っていた人達も 自分の関わり方で

自分の話を聞いてくれるというコトに 気づき始めました。

まだ、主人にすら、思ったことの 全てを話せるわけでは ありません。

でも、私の周りには、幸い 障害児を育てあげてきた 先輩たちもいます。

助けを求めれば、親身になって 耳を傾けてくれる人達が 多くいます。

私は、恵まれているのかもしれません。

健常児の お母さんでも 育児ノイローゼになっても 相談する人がいないということも

たくさん あるだろうに・・・。

今回、犯行を犯してしまった 母親の周りには、SOSに 気づく人はいなかったのでしょうか?

家族、学校、地域の人、行政・・・。

その人達を 攻めるつもりは ありません。

もちろん、殺してしまったことは、許せません。

でも、一つ間違えたら 自分も・・・と思ってしまうのです。

私は、PTAの役員も していますが、今、議題に上がるのは、

子供たちの 学習を 習慣づけ、学力を伸ばす。

地域パトロールをして、子供たちを 不審者から 守る。

そういう話を聞いていると、小学校と言う 人格形成の時期に、学力、学力というのは、

なんとも やりきれない気持ちになります。

小学生のうちに 子供同士 喧嘩したり 仲直りしたり・・・人とのコミュニケーションの

基礎を 学ばないで、いつ 学ぶのか?

不審者と 一言で言うが、不審者を育てようと 思って育てた親は いないはず。

不審者に させない 教育も 大事なのではないでしょうか?

私は、今日、息子の習字教室に 送っていって、息子が終わるのを

編物しながら 待っていました。

その時に、隣にいた ママさんたちが、今回の事件について 話しているのを

聞きました。 「子供、チエ遅れだったんやろ?」

その一言、ちょっと 悲しくなりました。

長々 書きました。

もし、読んでくれた方が いらっしゃったら ありがとうございます。

こうやって、吐き出す方法も あるんですよね。

亡くなった男の子の ご冥福を お祈りいたします。

合掌。
スポンサーサイト
コメント
サフィニアさま
 そうですか~。そういう風に 障害のある子に 関わってくださる方が  いらっしゃること、とっても嬉しく思います。
 私も、ボランティアをしていましたが、障害児は、大人になっても 純粋で、こちらが心温まる思いで 帰ってきていました。
 サフィニアさまも、ご自分の体調も考慮して、決してムリなさらないで・・・。
 一緒に元気を 取り戻しましょうね♪
こんばんは。
私は教育に関わっております。
しかし、私も心の病を患い、今はお陰様で回復に向かっております。
先日もボランティアで知的障害のお子さん達と花壇の草むしりに参加しました。

キラキラ輝く目。
知っている言葉を精一杯話す子供さん達。

を見ていて感極まり、
つい抱締め、
不覚にも涙を流してしまいました。

子供さん、何と言ったと思います?
先生、何で泣いているの?悲しいの?
拭いてあげる。
「ごめんね、ありがとう」と言いながら又、うれし涙で溢れました。
精一杯、笑顔をつくりました。
こんなに純粋で、奇麗な心を持った子供達。
天使に見えました。
傍にいらしたお母さん、
「ありがとうございます」・・・と。
私こそ、「ごめんなさい。ありがとうございました。」・・・と。
さくらさんが仰っている、
「辛いことがあったら話して下さいね」の言葉。
是非、少しでも協力させて頂きたいと思います。
ごめんなさい。上手く書けなくて・・・





sakururuさま
 そうね~、私は 吐き出すことばかり 考えてたよ。
 聞いてあげられる人に・・・なれるといいね~!!
 そうだ、そうだ!!
 sakururuさんに 気づかせてもらったよ!
 ありがとう♪ いつか、そんな人になりたいなぁ・・・。
うん。
私も、この事件、複雑な心境でした
そしてこの記事を読み改めて考えました
(ありがとうさくらさん)

子として・・・母親として・・・人として・・・
自分なりに色々と考えさせられる事件でした


吐き出せる性格ときいてもらえる相手さえいればこんな悲惨な結果は出なかったのかもしれない・・・

そしてそれはもしかすると
将来の自分なのかもしれないし

友達や
姉妹のことなのかもしれない

文章力がなく上手く表現できないのだけど

まだまだキャパは狭い私
でも
吐き出せる・・・
心底聞いてあげれる自分でありたいと思うし
そういう人間になりたいと思う




サフィニアさま
 私は、そんな良い母親では、ありませんよ~。
 もっとしてあげたいことの、半分も出来ていません。
 でも、完璧な人間なんて気持ち悪いですよね?
 教育関係にお勤めですか?
 では、障害児ママさんには、「辛いことがあったら話してね」と お声がけしてください。
 お願いいたします。ぺこり。
さくらさん、
さくらさんのお子様は「親がさくらさんで本当に良かった!」と思うと同時に、
私自身、
障害児のお子さん達、
そのお子さん達のご両親さん達、
に教育関係者として、
もっともっと勉強させて頂きたく思いました。
さくらさんの素晴らしい編み物以外にも、
このような書き込みを読ませて頂き、有難うございました。
バンビさま
 そうね、実力社会なんだよね。
 大変だよね。
 だからこそ、学力では どうにもならないことが 多いはず。
 どんなに優秀な大学出身でも 使えない人って いるでしょ?
 だから、小さいときから、周りの空気を読んだり、何が求められているか、などを読み取る力が 必要なんだと思う。
 それは 決して、お勉強からではなく、人間関係から 学ぶべきものなのではないかな?
 子供達が大人になったら時、どんな社会になってるんだろうね・・・。
会社でも、やりがいもあると感じるし自分が成長する場所のうちの一つだとは思っているけど、総じて人間関係が希薄だと感じます。評価の基準が個人の能力に重きを置いているので、チームワークが軽視されているように思う。そりゃそうだよね、人事考課で高得点を取ろうと思ったら隣の席の同僚よりも優れていなければならないんだから。親切にして隣の同僚が仕事ができるようになったら、自分の地位が危ういって考えるんだよ。そんな社会だから、優秀な人はいつも頑張っていなければいけない…そうでない人は劣等感に打ちひしがれて…結局はどちらも追い込まれていくのではないのかなとか考えてしまうこの頃です。「違い」をお互いに受け入れて愉しむという心が育っていない世の中だなと思います。もちろん反省と自戒の念を込めてですが。
MOZARTさま
 読んで下さって、ありがとうございます。
 どんなに 幸せそうに見えても、心に闇を抱えている人は 多いものです。
 私は、自分の不幸自慢をしたいわけではなく、ありのままを 書いて、考えるきっかけになればと 思いました。
 まさに、それを感じ取ってくださったのですね。
 嬉しく思います。
 秋らしくなってきましたね。
 食欲が出てきて 困っています・・・。
非常に悲しい 切ない事件でしたが 私の中では やっぱり他人事のニュースで終わっていました さくらさんの記事を読み他人事で無関心でいる私が恥ずかしくなりました 是非この記事は 新聞に投稿して全国の人に読んでもらいたいと思います 新聞は事件の一面だけを捉えて報道するので我々に理解できない面もあり 表面だけで理解したつもりでいると誤解が沢山あります 今後こういう悲しい事件が起こらないことを祈願します 合掌
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
サラさま
 悲しい事件だよね。
 他人事とは 思えなくてね。
 でも、うちの子は まだ 手がかからない方だから。
 多動の子は、ホントに大変だと思う。
 一人じゃ難しい。 助けてって言うことが、今回の 母親のするべきことだったんだと思う。
 
いとさくさま
 読んでくださって ありがとうございます。
 切ない事件です。
 幸い、うちの息子は、背中に羽があるかのごとく、天使のように優しい子なので・・・。ええ、親バカです。
 そんな子でも、「どっか 行って」って思うときが ありますもんね。
 将来の不安は 付き物だし。
 でも、みんなに 支えられて なんとか 生きていけるでしょう。
こんばんは。
私はこの事件のことを旅先で知り 胸が痛く怖い気持ちになってた。
亡くなられた子どもさんのご冥福をお祈り致します。
さくらさんも事件を知り胸を痛めて いっぱい感じて考えて しんどくない?大丈夫?
ママさんの言葉もさくらさんを二重に傷つけたやろ。腹立つな!許されへん。
その場で怒りたかったやろうに・・・。
さくらさんが心配や。

家族関係のゴタゴタでいつも悩んでいる私にも今回の事件は他人事にも思えなかった。。
そして さくらさんのブログに来たら この事件を取り上げてくれていて さくらさんの真剣な文章のひとつひとつ胸に響いてるで。
血の濃い人間関係ほど難しいものはないよ。
責任があるもの、、、
そして人様に言えることではないと自分の心に蓋をしてしまいがちなのが身内のこと。
言えば人がひいてしまう・・・そんな気がして私も親や身内から受けたことを記憶から抹殺していた。幼い時はその事実が受け止められなくて 現実逃避して生きて来た、出ないと今まで生きては来れなかった。
身内のことだからこそ愛しているから 自殺や他殺の狭間にいると思うねん。
こうやって自分の気持ちを表現出来るところがあるってのが 幸せなことやと感謝します。わかってもらえることって すごく力になるから 私も人の気持ちをわかる人間に成長したいと思うねん。なかなかまだまだ未熟やけど。自分から人にオファーを出せる人間になりたい。
文章にまとまりがないけど 今回の事件について いろいろ思うことがあるけど 私も夫には言えず 自分の中で葛藤していました。
さくらさんもいっぱい感情を流してな。
悲しいな。。。
「知恵遅れ」・・・なんだかそんなひと言で(よく知りもしないくせに)悲しいよね。
子供の障害の話になると、ついつい私も神経がピクピクしてしまいます。
今回の事件も、母親が犯人・・・って報道される前から、なんとなくそんな予感もあったし・・・。
さくらさんも「他人事ではない」っておっしゃるけど、私もかつての自分がそうだったから、「もしかしたら母親かな・・・」ってわかってしまう。
擁護するつもりじゃないけど・・・誰にも話せる人がいなくて、ギリギリまで追い込まれて、相当辛かったんだろうな、って推測できるよね・・・。
でも、できれば殺さずにいて欲しかった。辛いけど、死んじゃだめ。
あぁ・・・なんだか遣る瀬無い・・・。
変なコメントになっちゃって、ごめんね。


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。